Hellow MacCANN ようこそ!マッキャン・ワールドグループ採用HPへ。ここでは、私たちマッキャン・ワールドグループが就活生の皆さんに知っておいて欲しいと思うことを、シンプルにお伝えしたいと思います。

わたしたちMWGが就活生のの皆さんに知っておいて欲しいと思うこと

街を歩いていると、なぜこの広告が受けているのだろう?なぜこんな広告を作ったのだろう?なぜこんな商品が生まれたのだろう?なぜ今の若者はこういうものが好きなのだろう?という感じで、世の中に溢れているコミュニケーションの“なぜ?”が気になる。
そして、気になってしまったら、本で、ネットで、とことん調べてしまう。 関係ありそうな場所についつい行ってしまう。カフェで、SNSで、思わず話してしまう。

そんな、ひとりひとりの、コミュニケーションへの強い興味と情熱が、わたしたちには必要です。なぜなら、ひとりひとりのアイディアこそが、わたしたちの商品だからです。

テクノロジーの進化に伴い、世界中のコミュニケーションの垣根がどんどんとなくなる中で、
今こそ私達マッキャン・ワールドグループが100年以上にわたって進化しながら続けてきた「世界を跨ぐコミュニケーションを創る」力が必要とされる時代が来ています。

ひとりひとりのコミュニケーションへの情熱を、グローバルなマーケットで発揮することのできる舞台はここにあります。

コミュニケーションビジネスが“本当に好き”と思える皆さんに、そして世界を見て仕事をしたいという情熱のある皆さんに、我々は是非来ていただきたいと思います。
わたしたちマッキャン・ワールドグループは、そんな皆さんの想いに、まっすぐ正直に応えたいと思っています。

PAGETOP

我々の求める人材像

  • 常に好奇心(Curiosity)を持った、ポジティブ&オープンシンカー
  • 新しいアイディアや異なる考え方に前向きでオープン
  • ロジカルでありながら、ステレオタイプ的な発想にとらわれないクリエィティビティを併せ持つ
  • 自分で考える力を持ち、自ら行動を起こすことができるセルフスターター
  • 高いコミュニケーションスキルを持ち、チーム内やクロスファンクションチームで協調(Collaboration)できるチームワーカー
  • 誠実に(Integrity)、真摯に粘り強く(Persistence)、結果を出せるまで努力することができる

ちょっとわかりにくいですか?

PAGETOP

それでは、どんな新入社員に入社して欲しいか、役員から生の声でお届けします

Q 新入社員に求めることは?

国や地域を超えてクローバルな単位で仕事をしたい人、イノベーションを起こして新しいことをスタートしていく勇気がある人、語学については出来るか出来ないかよりも、身に着けようとする意欲の高さや使おうとする姿勢がより重要だと考えています。

Q 採用面接で印象に残ったのはどんな人ですか?

インタビューや面接で日々たくさんの方にお会いしているので、すぐに思い出せるほどインパクトがある若手は正直思い当たりません。
ただ、無理をしている人はお話させてもらうとすぐに分かります。
自分の言葉で話しておらず、本当の自分ではない姿を無理に演出したり着飾ったりしている人はどこかで矛盾が出てきます。

Q ご自身が若手だった際に意識していたことは?

目の前の仕事をひたすらやること。20代は突っ走る。それだけです。

(株)マッキャン・ワールドグループホールディングス 代表取締役社長 兼 CEO 片木 康行
Q 新入社員に求めることは?

仕事をする際に自分でルールを作ること。
私はよく「土俵を作る」と言いますが、そういう働き方を目指してほしいです。
広告業界に限らず、世界の変化のスピードはとにかく速くなる一方です。
その中で既存の方法から成功をつかもうとしても厳しい競争環境に飛び込んでいくことになり、事業/ビジネスの成功チャンスは大きくありません。
最近まで広告業界でコミュニケーションと言えば4媒体でしたが、今後成長していくためにはその領域では勝負できません。
4媒体に縛られずに今までになかったコミュニケーションの方法を考えて実践してくことをモメンタムは会社として目指しています。
そこに共感して、なにもない未開の地を切り開いていけるバイタリティを持ち続けられる人を探したいと考えています。

Q 採用面接で印象に残ったのはどんな人ですか?

悪い意味で印象に残るのは、「他社の面接と同じことを喋っているのではないか?」という面接です。
厳しい就職環境で数十社の選考を受けることが当たり前となっていることも原因なのかもしれませんが、「どんな業種・どんな職業でも通じる」当たり障りのないことを話している様に聞こえてしまうことがあります。
「好きな広告、メディア、キャンペーンはありますか」と質問しても答えが出てこない人がいました。
モメンタムは広告コミュニケーションの領域でビジネスを展開していますから、その質問に対してスムーズに説得力を持って答えられない人は、モメンタムで本当に働きたい人とは評価できません。
当たり前のことですが「どんな仕事をしたいのか」「なぜその会社を志望するのか」を自分の頭で考えて自分の言葉で伝えられるかどうか、面接に臨む前には1社1社に対して改めて考えてもらいたいです。

Q ご自身が若手だった際に意識していたことは?

どうすれば自分を周りから差別化できるのかを常に意識するようにしていました。
やりたいと思う人が多い仕事は競争がとても厳しく、その中で自分を差別化することはとても難しい。
自分を差別化して競争に勝てる可能性を高めるにはどうすればよいかを考え続けた結果、「競争する場所や方法を変える」という結論に至りました。
人が作った土俵の中で人が決めたルールの中で勝負するのではなく、競争相手がいない領域から自分がやりたいことを探して、そこに土俵を作って自分が決めたルールの中で勝負するのです。
会社を経営する立場になった今も同じように考えている部分があります。
競争が厳しいマーケットには飛びこまず、競争相手がいない領域やまだビジネスになっていない領域を捜して、その中でモメンタムが勝てる土俵を作りルールを作る。それは、会社として成長するための1つの方法としても有効ではないかと考えています。

(株)モメンタムジャパン 代表取締役 三溝 広志

Coming Soon

IPG メディアプランズジャパン CEO Anthony Plant

Coming Soon

マッキャンヘルス President Jack Blakey
PAGETOP

次に、昨年採用となった新入社員と、当時採用に関わった部門責任者に聞いてみましょう

Q 採用面接の時の印象は?

彼女は、その日に予定していた中で面接の順番が一番最後の学生でした。
一日面接をしてきた夕方になって疲れを感じ始めていた私や他の面接官に対して、彼女は物怖じせずに堂々と話を展開し始めて、「この商売には欠かせないコミュニケーションという武器を持っている人」という第一印象をもちました。

Q 採用の決め手となったのは?

「マーケティングというロジカルをクリエイティブに展開していくことに興味がある」の一言だったのを、よく覚えています。
実際の仕事に必要な「感性」にも期待値が大きくありました。
現在の仕事においても、先輩や上司相手にも物怖じせずに意見を発信し、のびのびと成長していくことを期待します。

国広 竜太 (株)モメンタムジャパン 執行役員 営業統括 / 原 菜々子 アカウントエグゼクティブ
Q 採用面接の時の印象は?

大学生にしては落ち着いている(老成した感があった)

Q 採用の決め手となったのは?

30歳になった時に活躍する彼の姿を想像することが出来たから。
面接では、今まで何をしてきたか、今どんなことをしているかをお聞きしますが、その上で、その事実以上に、5年後、10年後どんなふうに成長し、活躍するかを想像できることが大切な選考の要素となります。

齋藤 幸蔵 (株)マッキャンエリクソン 取締役 媒体本部長 / 齋藤 翔太
Q 採用面接の時の印象は?

面接のときの第一印象は、就活生とは思えない程とても落ち着いているなという印象でした。
私たちの業界は、元気で話し好きな学生さんがたくさん受けて下さるのですが、
その中では珍しく、物静かで、落ち着いた感じの実直な物腰で、決して無断に自分を売り込むようなことは言わないのですが、
これまで、ご自身でじっくり考えて、色々な選択して歩いてきたのだなと信頼させる率直な説得力があり、ぜひ入社していただきたいなと思いました。
入社後もう少し詳しく話してみると、ご自身の短所を冷静に見極めていてそれを克服するためにこの業界を目指したと聞いて、
私たちの印象と判断は間違ってなかったと思っています。
面接のときの印象のままのしっかりした部分と、意外にも思い切り弾けた元気な姿を見ることもでき、ますますその成長と活躍を楽しみにしています。

大屋 亞子 (株)マッキャンエリクソン アカウントリーダーシップ グループ アカウント ディレクター / 西村 芙美
PAGETOP

Coming Soon

大根田 和子 マッキャンヘルス MDS-CMG 代表取締役社長 / 近藤 由衣子 MDS-CMG リサーチャー
Q 採用面接の時の印象は?

長木君に初めてあった時、ジーパンにシャツを着てジャケットを羽織っていたカジュアルな服装でした。
入社した現在もその個性的なファッションは貫き通されていますが(笑)
※この撮影時のファッションは彼にしてはおとなしい色使いの方だと思います。
最初に質問したのは「企業訪問するのにスーツやネクタイはしないのですか?」でした。
彼は「はい、僕は就職活動でもスーツやネクタイをしない主義で通してします」と答え…
自分の主張や考えをハッキリ口に出す学生だなーと感じました。
ただそれは決してネガティブな意味ではなく、
今どきな発想でありながら彼自身の言葉で伝える様子は堂々としていて、
彼の中にある自信が伝わってきました。

Q 採用の決め手となったのは?

彼の興味領域や嗜好性がよく伝わる話を多くしてくれました。大学に入ってからスペインが好きになって、スペイン語が得意だとか、またスペインに行って生活してみたいとか…
子供の頃からピアノを続けてきていて音楽が好きだとか…
こういった話の中で彼の国際感覚やアートへの想いも伝わってきて、意思の強さや思考のしなやかさがよく把握できたのが好印象でした。

柳瀬 健司 (株)モメンタムジャパン ストラテジックプランニング グループプランニングディレクター / 長木 重憲 プランナー
Q 採用面接の時の印象は?

「目標を達成しよう、何かやってやろう」という意欲が前面に出ていて、そういう意味では体育会系の強さを感じましたが、それが決め手ではありません。
独りよがりの意欲ではなく、1対1のコミュニケーションがきちんとしていたので、相手が何を求めているかを汲み取れるだろうと期待できました。
広告会社では主役はあくまでもお客様なので、お客様のゴールを理解してそのために100%の努力が出来る人、ひいては人を巻き込んでチームで仕事が出来ることが重要。
そいういう働き方を苦にしないタイプかなという評価でした。

天明 渉 (株)マッキャンエリクソン 媒体本部 副本部長 / 田代 卓 メディアエグゼクティブ
PAGETOP
ビジネスのフィールド

ビジネスのフィールド

業界のトレンド

業界のトレンド

プロフェッショナル社員が日々の仕事の中で感じている、広告業界の今の流れ、トレンドとは?いろんな角度で語られる「今」を見てみてください。

我々の社風

我々の社風

広告会社って?外資って?どんな雰囲気を想像していますか?日本の大企業ともちがうでしょう、異業種の企業とも違うでしょう。言葉にするのは難しいですが、私たちの毎日の一部を垣間見て、どんな人たちが、どんな風に働いているのか想像してみてください。

PAGETOP
PAGETOP